用語集
【5万x2回取り】
6面のレーザー砲台はボムで壊すと5万点入るが、これを2回取るテクニック。
画面の上の方でレーザー砲台に耐久力以上のダメージを与えると、
点数は入るが何故か砲台は壊れず耐久力がリセットされる。
そこでもう1回ダメージを与えて最後ボムで壊すと5万点がもう1回入る。
要はダメージを与えてボムでとどめをさす、という流れをすばやく2回やるということ。

【6:30】
ボールの吐く渦巻き状針弾の最後の弾の角度でランクが高いか低いかわかる。
最後の弾が時計の針の6:30の角度に撃たれたらランクは最低まで下がっている。
8:00なら高め、10:00ならかなり高い。
6:30 8:00。ややお怒りです。
【イカ】 ラスボス第3形態。 【お洒落避け】 BH2の反射バルカンをよけつつ、本体に張り付いて撃ち込むテクニック。 中央に張り付いておいて反射バルカンが出る寸前に1個左、もしくは右の空間に移動する。 撃ち込み点を稼ぐのに用いられる。 【おやつ】 6面序盤に出てくる、勲章を8個出す中型機x3の編隊。 またはこいつらが出す勲章のこと。 ここで何点取れるかが腕の見せ所。
【オレ戦】 オレンジ戦車のこと。 もしくは4面中盤のオレンジ戦車x3のシーンを指す。 オレンジ戦車は止まっているときに壊すとオプションアイテムを出すが、 移動しているときに壊すと小ボムx4になる。 稼ぐ場合は、6面でオレンジ戦車を小ボムにするのが重要だったりする。
弱い機体だとここが意外に難しい
【帰宅】 ボスが時間切れで画面下に逃げていくこと。 ボスで時間いっぱい稼ごうとすると帰宅になりやすい。 BH2、ラスボスの帰宅時の攻撃は強烈で、ボスを倒せないとほぼ100%こちらが死ぬ。 (ラスボスの帰宅は高ランクガイン以外めったに見ることはありませんが・・・) 帰宅時の攻撃: BH2:反射バルカンを撃ちながら下に降りてくる。 ラスボス第2形態:第1形態の3種の弾を全て撃ちながら降りてくる ラスボス第3形態:帰宅前からスピードが異常に速くなり、ホーミングミサイルを撃ちながら自機に突っ込んでくる 【クソボール】 2面ボス マッドボールのこと。 マッドボールは外周の部品をどれだけ壊せるかで点数が大幅に変わってくるが、 ボスの動きが悪いとどうやっても高得点が取れないため 恨みをこめてこう呼ばれる。 【くるぱた、くるぱた砲台】 3ボス前の開閉砲台のこと。 開閉中に壊すと2000点(貫通弾だと200点)。 砲台が閉じるときは砲身が下に向いてから閉じるので 一回砲身を上に向けておき、一気に下がって砲身が下に向くのを確認してから撃つと成功しやすい、そうです。
【サーチ】 オプションが敵を感知し、敵の前に張り付くフォーメーション。隠しフォーメーションの一つ。 正式名称はホーミングなのだが、ゲーメストが間違って紹介したためサーチの名称が広まってしまった。 【偽サーチ】の項参照。 【三戦車】 6面終盤に画面左から登場する、ミサイル戦車x3のこと。 通常ここはキャラオーバーをかけて戦車の数を1つ減らし、かつ戦車は壊さないようにして抜けるのだが 戦車の得点が結構高いので、スコアラーは三戦車を全部出して、かつ壊さなければならない。 ここに勲章がからむと非常に難しい。6面の山場の一つ。
ここです(写真は二戦車)。
【スレパ】 3面で建設中のスレイヤーを固定しているパーツとスレイヤーのプロペラ。 通常300点だが、ボムで壊すと3000点。 全部壊すとランクが上がってしまうため、稼ぐ場合でも まとめて壊せるところだけ限定でボムを撃つのが普通。
撃つべきか、撃たざるべきか。それが問題だ。
(赤で囲った部分がスレパ)
【戦艦】 5面序盤から1ボス改前まで11隻登場する中型戦艦のこと(説明になってない?)
【ソードずらし】 ガインでオプションのソードの周期をずらしてダメージ効率を良くするテクニック。 オプションを後方にしておき、動きながらノーマルオプションに戻してずらす、らしい。 (他にも色々方法があるそうです) 多分、オプションと画面端との距離を変えることにより、ソードの発射間隔をオプションごとに変えておき、 一気にノーマルオプションや前方集中にするのがコツ? 【鉄骨、鉄橋】 4ボス前に鉄橋が4本架かっているが、この鉄橋はボムで焼くと 部品1個1個が勲章に変わる。 この勲章をどれだけ回収できるか、ガレッガの見せ場の一つ。 【てっぺん】 キングクリムゾン機首のこと。 【電源ランク】 ガレッガは1プレイ終わるごとに最低ランクが少しずつ上がっていく。 これが電源ランクと呼ばれるもので、電源を切らずに連コインしていると最低ランクがどんどん上がっていき 死んでもランクが下がりきらないので非常に難しくなる。 電源ランクは電源を切るとリセットされる。 電源をつけてからの時間は関係なく、1プレイするごとに最低ランクがオプション約1個分上がる。 逆に、コインを入れずにデモを1ループさせることで最低ランクがオプション約1個分下がる。 (ライジングのロゴが出るまで待てばよい) そこで、連コインをして最低ランクが上がってしまった時は、しばらく時間を置いてデモを回していれば元に戻る。 (電プチができない場合) 【都市伝説】 ガレッガのランク(上昇要因)については発売当時分からないことばかりで、 色々な推測が生まれ、都市伝説として流布した。 そのうちのいくつかを紹介する。 1)勲章を落とすとランクが下がる。 これは勲章を落とした後、勲章を育てなおすことによってランクが上がるのを逆に解釈したのではないかと思われる。 例えば、勲章を落とした後、ボムなどで地形を焼いて大量の100−400点勲章を出したとする。 100−400点勲章はランクの上昇幅が大きいので、これを回収した場合と、スルーした場合で その後のランクに大きな差が生じる。ここから「勲章を落とすとランクが下がる」という推測が生まれたのではないだろうか。 2)ボタンを押した回数でランクが上がる。 これは多分、連射を入れた後、ショット数のランクを節約しようとしてボタンをゆっくり連射しても フレームランクによりどんどんランクが上がっていくことからこういう解釈が生まれたものと思われる。 当時は連射を入れた瞬間にフレームランクが上がる、ということなど全くわからなかったので、 「ショット数を押さえているのにランクがどんどん上がっていく、なんで!?」 「ボタンを押した数でもランクが上がるんだ!」 ということになったのではないかと。実際、自分の周りでもそういう話がありました。 3)5ボスの赤ザコはランクが低いほど出現する確率が高い。 ゲーメストにもそう書いてありましたが、ランダムだそうです。 【ドドド】 2面と6面に出てくる銃座付き中型機。 ドドドっと弾を連射してくるのでドドド。 特に6面開幕に出てくる3台を指すことが多い。 6面開幕のドドドで勲章を全て回収するのはかなり難しい。
【ドラム】 2面の鳥で、最初のボムを撃つタイミングを曲のドラム(拍)数で表現する。 (用例)ドラム22でボム。 【七不思議】 ガレッガの主なバグを紹介。 1)鳥リセット 主にガイン、チッタで鳥にボムを連打していると突然リセットがかかることがある。 キャラクターオーバーの一種と思われるが、詳しい原因は不明。 また、同じく鳥の地点で花畑や牛が表示されることもある。
花畑が出ると大体点数が安い
2)6ボス第2形態で第1形態の砲台が残っている   これはたまにあるので注意。   6ボス第1形態の本体を壊すと同時に周りの小砲台を壊すと、残りの砲台が完全に自爆しないで一部残る。   第1形態が終わったら一度反対側に画面をスクロールさせて   砲台が残っていないか確認すること。
こんなに残ることも!
(終わってます)
3)7面復活砲台で時間いっぱい粘った後、最初の砲台を壊すと   次のシーンでスクロールがすぐ始まってしまう。
ここで右下の砲台を壊してはいけない。
4)キングクリムゾン機首を壊した後、ザコがいつまでも画面上に残る   スクロールが始まってから機首を壊すとこうなります。   粘るのはほどほどに。
5)外道戦車が残って2面が終わらない!   鳥の後で出てくる、家を踏みつぶす戦車が画面内にずっと残るため、   2面ボスを倒しても2面が終わらない現象。   鳥リセットと同様、鳥でのキャラクターオーバーが原因のようで   戦車が最初からウィリーしっぱなし(家に乗り上げる時のグラフィック)で登場する。
画面下に戦車が残り続ける。
(画像はketさんに頂きました)
6)6ボスフリーズ 7)キングクリムゾン機首に謎の当たり判定が!   自分は見たことありませんが、キングクリムゾンの機首に当たって死ぬことがあるそうです(地上物なのに・・・) 8)BH2第2形態帰宅!   BH2が非常に低い位置から下降を始めるとそのまま帰ってしまうことがあるようです。 自分も一度だけ体験しました。低い位置から下降してきて画面下に半分くらいめりこんだかと思うと 上昇せずにそのまま白弾を撃ち始め、暴れながら画面下に消えていきました・・・ おそらく仮想画面まで行くと縦座標の値がおかしくなるので上昇がキャンセルされるのでしょう。
ここから下降 上昇せずそのまま白弾乱射 暴れながら帰宅
9)1号機のボムで敵を倒したときに点数が入らないことがある。   条件:小ボムを2発以上持った状態で耐久力1の敵をボムで倒すと点数が入らない。   (耐久力1の敵には、固い敵に撃ち込んで体力1にした場合も含まれる。)   実は1号機のボムは爆風が2枚ずつ重なっている。   この1枚目の爆風で敵を倒すと点数が入らないもよう。   1枚目の爆風が消えたところで2枚目の爆風を敵に当てるとちゃんと点数が入る。   これはおそらく、ボムで2回点数が入るバグがあって、それを修正しようとした結果こうなってしまったのではないだろうか。   このバグがあるため、1号機でホーミングザコ、緑ザコにボムを使うのは意味がない。
ここでボムを撃つと・・・0点!
【偽サーチ】 正式名称サーチ。 オプションが敵を感知し、銃口が敵を向くフォーメーション。 サーチ(正式名称ホーミング)と区別するためこう呼ばれる。 【バリカン】 ガインの3段階目のショット。 4本出ているように見えるが実は2本分の判定しかなく、赤弾に対して非常に弱い。 ガインをやる時はこの段階までショットが落ちないようにするのが大事。
【ひき逃げ】 BH2が帰宅に入ったとき、倒しきれずにそのまま押しつぶされて死ぬこと。 【ブラっ子】 BH、BH2前に登場する、小型BHのこと。 この数がランクの目安になる。 BHならブラっ子4〜5機、BH2ならブラっ子7〜8機が普通。 【破片】 7面キングクリムゾンが壊れたときに飛び散る破片のこと。 ボンバーで焼くと1個1万点入り、最高48万取れる(らしい)。
【ボイン】 ボーンナム並にランクの低いガインのこと。 ガインといえばランクをあげて稼ぐキャラと思われがちだが、 実は低いランクで進んでも1800−1900万くらいまでは出せる、そうだ。 【戻り】 臨死が成功して自機があの世から戻ってきた時の点数。 戻りが高くても後半の鳥の出方が悪いと鳥全体の点数は低かったりする。 鳥の点数を検証するときに 「戻り○○点、鳥○○点」という風に使う。 【モンゴリアン】 ラスボス第1形態の、左右の砲台が針弾を撃ってくる攻撃のこと。 挟み込むように撃ってくるのでモンゴリアン(チョップ)。
【予選】 5面終了までを予選という。 通常、予選○○○○点という風に点効率の目安として使われる。 【臨死】 残0の状態で鳥でボムを撃ち、エクステンド寸前に死ぬと 1回ゲームオーバーの判定になりコンティニュー時のアイテム(大ボム、大コインなど)が降ってくるが ボムで点数が入ってエクステンドし、そのままゲーム続行となる。 そこで素早く大ボムを回収し、鳥に撃ち込んで稼ぐという荒技。 ガイン、チッタでハイスコアを狙う場合は鳥で臨死を行うのが必須となる。 発見者はMR.まさし君。 鳥以外でも破片などで臨死ができる。 また、ガインではザコに体当たりして臨死を行うのが主流であるが、 これを最初に始めたのは京城氏とのこと。
臨死の瞬間(某市販DVDより)
inserted by FC2 system